WordPressで目次を自動的に作るプラグイン Table of Contents Plus の紹介

 いろいろな人のブログを見ていると記事中に目次(もくじ)があるサイトがあります

 来てくれる方にもこのページにはこんなコンテンツを用意していますよ💡とわかりやすく伝えることもできるメリットがあったり、あと自分でも見出しを考えるのが楽しくなるのでこれは是非付けてみたいところ💡

 ということで今回は↓のような目次を簡単に付けることができるプラグイン「Table of Contents Plus」を紹介していきます。

 

Table of Contents Plusとは

 Table of Contents Plusは記事中の見出しタグ(h2やh3など)を検出して、自動的に目次を作ってくれるプラグインです。

 目次を手作業で作ると、記事中の見出しタイトルを変えた時に目次も書き換えなければならないのですが、このプラグインを使うと自動的に目次を表示してくれるのでメンテナンスの手間も省けてとても効率が良くなる便利なプラグインです💡

 Wordpressを使っているなら是非導入してみましょう。

Table of Contents Plusのダウンロード

 毎度お決まりですがますはプラグインをダウンロードします。

 有効化も忘れずにしましょうね💡

Table of Contents Plusの設定

 設定は管理画面の「設定」-「TOC+」から行います。

表示位置の設定

 まずはもくじを表示する位置を決めましょう💡 デフォルトでは「最初の見出しの前」になっています。いろいろ変えてみてテーマのデザインに合う場所に設置してみましょう。

表示条件の設定

 次に表示条件を設定しましょう。

 例えば見出し(h2など)が1つしかなければ目次を作る意味もあまりありませんよね(?)なのでここでは見出しがいくつ以上あるときに目次を表示するかを設定します。

 ちなみに僕は2つ以上で表示するようにしています💡

目次を使用するコンテンツタイプを設定

 ここでは目次を表示したいコンテンツタイプを設定しましょう。

 例えば投稿記事のみに表示したい場合は「post」へチェックを、固定ページにも表示したいという場合は「page」にもチェックを入れましょう。

 僕は投稿記事(post)のみにチェックを入れました。

目次タイトルの設定

 それでは目次のタイトルを設定してみましょう💡

 目次の上に表示される重要なタイトルです、くれぐれもこんなゆる〜いタイトルを付けないように気をつけましょう↓笑

 こんな風に表示されてしまいます。

見出しレベルの設定

 目次として抽出される見出しの種類を選んでいきましょう💡

 h2のみや、h3、h4も表示させる、といった設定です。

 まずは「上級者向け」と書かれた、いかにも今このプラグインを入れたばかりの人が触れてはいけないような領域を表示してしまします。

 上級者向けなので他の場所は見ないようにして「見出しレベル」という項目を探し出します。

 見つけたら目次として抽出したい見出しにチェックを入れましょう💡

 h1はブログのタイトルなので、記事中に使用するのは「h2」よりも下のものになるかと思います。

 あまり細かく表示するとかえって見づらくなるのでこのブログではh2のみをもくじにしています。

まとめ

 そんなわけで、このブログにも無事に目次が設置されました⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾いぇい

 次はなんの機能をつけていこうかな♪

フォローする