WordPressプラグインを使わないで画像のaltを自動でタイトルに置き換える方法

 Wordpressへ画像を投稿する際に、1つずつalt属性を記入していくのはとても大変です。しかし、alt属性はSEOではとても大事な要素なので、なんとか楽をしながらもSEO対策をしたいと考えました。

 そこで、プラグインを探してみたところ、SEO Friendly Imagesというのを見つけたのですが正常に動きませんでした

 考えた末に直接function.phpにコードを書き込んで置き換えたらあっさり成功したので載せておきます。

 

alt属性とは

 alt属性とは「alternative(代わりの)」という意味で、画像が表示されない場合に代わりに表示されるテキストのことです。

 つまり、その画像が何を意味しているのか?何と関係があるのか?について説明するためのタグなのです。

alt属性を設定するとなぜSEOに強くなるの?

 altを設定すると、例えばブラウザには文字が表示されなくても、検索エンジンのクローラーからはその文字がしっかりと認識されます。

 検索エンジンがalt属性を認識すると次のようなメリットがあります。

alt属性を記入するメリット

  1. 画像検索からの流入が見込める
  2. 記事中に狙ったキーワードの出現率が上がる

画像検索からの流入が見込める

 画像に関連するaltが指定されていると、画像検索をされた際に検索結果へ適切に表示されるため、目的にマッチングする閲覧者のサイトへの流入が見込めます。

キーワード出現率が上がる

 altにはその記事に関係の強い単語が使われていることが多いので、狙ったキーワードの出現率をあげることができます。

一石二鳥なので必ず実践しておきましょう

 このように、画像にalt属性を指定しておくことは2つもメリットを得られるので是非試してみましょう。

プラグインを使わないでaltにタイトルを指定する

 それでは実際にやっていきます。

function.phpにコードを追加

 wordpressテーマ内にあるのfunction.phpをテキストエディタで開いたら、次のコードを追加してください。

/**************************************/
//空のaltタグを記事タイトルに置き換える関数
/**************************************/
function change_any_texts($text){
  $img_post_title = get_the_title();
  $replace = array(
    'alt=""' => 'alt="'.$img_post_title.'"'
  );
  $text = str_replace(array_keys($replace), $replace, $text);
  return $text;
}
add_filter('the_content', 'change_any_texts');

 これで、alt属性が空の部分だけがページタイトルに置き換わり、自分でaltタグを設定した箇所は置き換わらない設定が完成しました。

まとめ

 今回はaltタグについて、SEOとの関係性や、Wordpressで実際に空のaltをサイトタイトルに置き換える方法について書きました。

 サイトタイトルは、もともとSEO向けに狙った単語を使っていると思うので、alt属性に当てはめれば記事中に狙った単語がたくさん表示されるメリットがあります。

 Wordpressを使っているというかたは是非試してみてくださいね^-^ノ

フォローする