WordPressでランダムに広告バナーや画像を表示するプラグイン「Ads by datafeedr.com」の使い方について

 サイトに広告や画像をランダムに表示するためのプラグインを探していたら「Ads by datafeedr.com」という便利なプラグインを発見したので紹介します。

 

Ads by datafeedr.comとは

 Ads by datafeedr.comは、サイトに数種類の画像をランダムに表示させるのはもちろん、表示期間を決めたり、何回閲覧されたら表示を終了するかなどの設定もできるとても便利なプラグインです。

Ads by datafeedr.comのインストール

 まずは恒例、インストールをしていきましょう。

 有効化すると管理画面に「Ads」という項目が現れるのでクリックして設定画面へ。

新しい広告(画像)を追加

「Add New Ad」をクリックして新しい広告バナーや画像を追加していきましょう。

広告バナーや画像の登録とタイトル付け

 広告バナーや画像は、アフィリエイトサイトからのHTMLタグを記入したり、画像を直接貼り付けしたい場合には記事を投稿するときと同様に「メディアを追加」から画像をアップロードできます。タイトルも忘れずに付けておきましょう。

グループの設定

 次に、登録する広告バナーをグループに入れてあげます。まだグループがない場合は「Add New Grop」から新しいグループを作成します。

 今回は「おすすめサイト一覧」というグループを作成しました。

広告バナー・画像の開始日と終了日の設定

 広告や画像の表示する期間が決まっている場合は、空欄部分をクリックするとカレンダーが表示されるのでそこから日付を選択することができます。

広告の表示回数の設定

「Impression Limit」では、広告を何回表示するかを設定できます。例えば5000回まで広告を表示したい場合は「5000」と記入します。

 無制限に設定したい場合は空欄のままにしておきましょう。

 これですべての設定は完了です。「公開」を押して保存してください。

同様に複数の広告を作成

 先ほどと同じように複数の広告を作成してみましょう。

登録した広告の確認

「All Ads」を押して登録した広告を確認します。

 今回は3つ登録したので3種類の広告が表示されています。

広告の表示設定

 それでは作成した広告(画像)を表示してみましょう。表示設定は先程とは違う箇所から設定します。「設定」-「Ads」を開いてください。

「What type of code do you need?」と書かれている項目があるので、ショートコードを使用する場合は「Shortcode」を選択しましょう。

Groupes」では表示したいグループを選択します。

 設定ができたらショートコードをコピーして表示したい箇所に貼り付ければ完成です。

詳細設定について

 よく使う詳細設定について紹介します。

Number of Ads

 広告をいくつ表示するかを設定します。デフォルトではすべての画像が出力されてごちゃごちゃになってしまうので、1つだけ表示したい場合は「1」と入力します。

Order By

 広告の表示順を設定します、デフォルトではランダムに設定されています。

広告・画像を改行したくない場合

 デフォルトでは画像は「<div>」タグで囲まれているため改行されてしまいます。画像を並べたい場合は次の2つの箇所に「span」と記入することで回避できます。

詳細設定を変えたらショートコードを貼り直し

 詳細設定を変えるとショートコードが変わってしまうため、もう一度コピーして貼り直しをしてください。

まとめ

 Ads by datafeedr.comを実際に使ってみたら本当に便利なプラグインでした。広告だけでなくデザインとして画像を切り替えたり、様々な用途で使うことが出来るのでみなさんもぜひ一度ためしてみてくださいね^-^♪

フォローする