Appleの郵送サポート修理ってめちゃくちゃ早い!Mac Book Proを修理に出したのでその流れを記録!!わずか1日で修理完了!

 先日購入して2年ちょっとになるMac Book Proが壊れてしまったのでAppleの郵送サポートで修理していただいたのでその時の流れを書いていきます。

 

Mac Book Proは既にサポート期限切れ

 ある日起動中のMac Book Proの電源が急に「ぷっつ〜ん」と切れて、それから一切電源が入らないいわゆる「無反応の石」状態になってしまいました。

 ネットにいろいろ載っているSMCリセットやらPRAMリセットというのを試してみたものの全く効果がないので仕方なく修理を依頼することになってしまったのです。

 しかし、まさか天下のアップル様の製品がそんなにすぐに壊れるとは思わず、AppleCareには入っておらずサポート期間の1年間も過ぎていたので修理代はまるまる掛かることになりました。

修理依頼までの流れ

 実はAppleでは修理に出す前に電話か公式サイトのチャットサービスを使って一度オペレーターとやり取りをしてから修理にはいる(?)らしく、まずはApple公式サイトのサポートページからチャットを選んでオペレーターに状況を説明しました。

サポートページからMacを選択

 サポートでは各種デバイスに対応しているようですが今回はMacを選択

問題の内容を選択

 今回は「起動または電源」に問題があるので選択します。こうやって見ると他にもいろいろとサポートを受けられるのですね。

サポート方法を選択

 次にサポート方法の選択を行います、電話が推奨になっているようですが、チャットを選択すると後でやり取りを指定したメールに送ってくれるので、あとでもう一度確認したいという方はチャットがおすすめです!!

オペレーターとのやり取り

 オペレーターの方はとても親切で、まずは自宅で直るかもしれないのでといろいろと試してみて、それでも「石のように動きません…」と話したら郵送修理の手続きを進めてくれました。

 基本的にはチャットで詳細を伝えるとオペレーターの方が書類を作成して、確認フォームからお支払の手続きを行って手続きが完了します。

後日Macを引き取りに来てくれる

 指定した日時にヤマト運輸さん経由でMacを引き取りに来てくれました。

 梱包も輸送業者ですべてやってくれるので、パソコン本体のみを手渡せば完了!!

 注意事項として、本体以外の付属品が付いていると不用品として回収されてしまうらしいので気をつけましょう!!

修理代金は一律○○,○○○円

 修理代金はちょっとした破損からほぼ全壊の状態でも変わらず一律57,240円なんだそうです!

 ちょっと高いような気もしますが、修理する前からいくらで直るのかわかるのって安心感があって個人的にはうれしいサービスです!

 新品で購入したらそれこそ200,000円のパソコンなので、ほぼ全壊になってもこの価格で直るなら安心して使えます(そんなにぼろぼろになることはそうそうないけど)。

修理期間わずか1日

 パソコンを配送業者に預けた当日に「お預かりしました」のメールが届き、なんと次の日には「修理が完了して配送しました」というメールが届きました。

 ・・・・・・早すぎる。

 実は壊れてなかったんじゃないかと思われるほどの速さで迅速に修理対応してくれます。

 これならしばらくパソコンが使えなくなって困る!という心配もなさそうですね!?

まとめ

 Appleの修理サポートは本当にすばらしい!!!!のひとことです!!

 こんな素晴らしい会社が作っている製品ならこの先もずっとずっと安心して使い続けることができるなと改めて感じた出来事でした!!

フォローする